スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏コミに行ってきました。

8月14日の夏コミ三日目に、「ラノベ作家休憩所」でサークル参加してきました。

新刊の「流麗小説。」はコミックZINさんにて委託販売をしていただいてますので、興味のある方はそちらからお求めください。

以下、コミケでいただいたものです。

2016夏コミの戦果


イベント当日は、「アキハバラ∧デンパトウ」のイラストを描いてくださってるれい亜先生のサークルにご挨拶にいったり、毎年うかがってる石川博品さんのサークルへ行って執筆の話をしたり同人誌の交換をしたり、八薙玉造さんや宮沢周さんといった昔からの知り合いの作家のサークルへ行っていろいろと邪魔したり。

サークルにいらしてくださった方々、交流してくださった方々、どうもありがとうございました。
ふだん人と会わないので、超うれしかったです。やっぱイベントっていいですね。
ただ、売り子をしなければならないのと、自分の体力がないせいで、あまり会場を見てまわることができないのが残念でした。
すぐにばててしまう脆弱な体が憎い。

当日は、イチロー選手にならって無精ヒゲを生やして行ってみたのですが、どう見てもマサ斉藤かカールのおじさんみたいになっていました。
このツラで貧弱っていうのは、もっとも情けないパターンですね。

上の写真の、中央に置いてある「松のいうことを聞きなさい!after」は、今年急逝された松智洋先生の追悼本です。
自分も「成松さんのアドバイス」という題で、成松さん(松先生の本名)とはじめてお会いしたときのエピソードを800字ほど寄稿しました。

いま、この追悼本を読んでいてあらためて思うのが、「松智洋・成松孝洋」という二つの名前が、とてつもなく大きいものであったということです。
すぐれた作家・ライターであるのみならず、コミケスタッフとして、ライター会社の会長として、多くの人びとに影響をあたえていたことが、さまざまな方の証言からうかがえます。

お元気なままであれば、いつかコミケの代表になっていたと思いますし、商業だけでなく同人業界もさらに盛りあげてくださったはずです。
百人力どころか千人力、万人力といっていいほど精力的に活動をされていました。
21歳のデビューしたてのころ、松先生(当時は成松さん)とお会いできたことは、自分にとって一生の財産です。
あのときの、「この業界にはこんなすごい人がいるんだ!」という衝撃は、わすれることができません。

「松智洋・成松孝洋」の死去は、ラノベ業界のみならず、日本のコンテンツ業界全体にとってたいへんな損失です。
きっとこれから、さまざまな分野で不在の影響が広がっていくと思います。
本当に偉大な人は、亡くなられたあとにネズミ算式にその影響が波及していくものですから。

自分も松先生から薫陶を受けた者の一人として、少しでもその背中に近づけるようがんばりたいと思います。
書いてる人

藍上 陸(らんじょうりく)

藍上 陸(らんじょうりく)
--------------------------
小説書いてます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。