音響関連法(ステープリング・テクニクス)

【 音響関連法 】

――――――――――――――――――――――――――――――
 やがて耳のなかまで締めつけられたように、世界から音が消えていった。
(あぁ…砂丘のように…静か…だ、ナァ……、…………、………………)

  ZOOの動物園
「あの動物たちはなんなんですかァ――――――ッ!!」
 大音声によって、ダイニングキッチンがこんにゃくのように震えた。
 テーブルを叩きながら叫んだ高橋は、目の前にすわる男性を睨みつけた。

※「アキハバラ∧デンパトウ」より引用
――――――――――――――――――――――――――――――

ステープリング・テクニクスのうち、「音」の相似や落差を利用してシーン同士に関連性を持たせるのが、「音響関連法」である。

上記引用文では、まず、(あぁ…砂丘のように…静か…だ、ナァ……、…………、………………)と徐々に沈黙していく内言を書いたあと、一行空きを挟んで、絶叫を入れている。その音の落差を使うことによって、シーンのつなぎにメリハリをつけている。

本来は映画などで使われている手法。
音を使った手法なため引用が難しいが、以下に京都アニメーション制作の「kanon」の第1話より画像を引用する。
たい焼きの食い逃げをした月宮あゆに、主人公の相沢祐一が説明を求めるシーン。

kanon1話の「それだけ?」①
「……それだけ?」(小声)


kanon1話の「それだけ?」②
「それだけ。」(小声)


kanon1話の「それだけ?」③
「うぐぅ~~~~っ!」(大声)


はじめに、「……それだけ?」「それだけ。」という小声でやりとりをしたあと、カットが切り替わり、連行される月宮あゆが大声で「うぐぅ~~~~っ!」と叫ぶ。
「小声→大声」という音の落差を利用して、突然のシーン転換を心地よくつないでいる。

この例では音のメリハリを利用しているが、音の類似によってつなぐ方法もある。
経過明示法」の引用文にある、「ガチッとドアを押しあけた。」→「かちゃ、とドアが開かれた。」という流れは、時間の経過を示す方法であるが、同時にドアが開かれる音を利用してつないでいる方法ともいえる。
書いてる人

藍上 陸(らんじょうりく)

藍上 陸(らんじょうりく)
--------------------------
小説書いてます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム