スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「聲の形」を山田尚子監督が!

大今良時さんの「聲の形」のアニメを、京アニの山田尚子さんが監督するそうですね。

しかも映画で!

聲の形は僕も原作をぜんぶ読んでいて、すごくいい話だと思ったのだけれど、テレビアニメにするのはいろいろとたいへんそうだなぁ、と思っていました。
障碍者の描写のしかたとか、局によってルールがあるっぽいんですよね。
べつに差別を肯定する内容じゃなくても、いろいろNGなのがあるんだと。
でも映画だったらそこら辺はクリアしやすいでしょうね。

これの映画化の話をきいて、ついに京アニと山田尚子さんが映画の天下をとりにきたと思いました。
ジブリのこれからの活動が不透明という状況のなかで、ついに京アニが映画に乗りだしてきたぞと。
京アニはほら、過去にMUNTOの例があるので、いまいち映画については乗り気じゃなかった印象なんですよね。

でも2014年の「たまこラブストーリー」で、かなりよい感触をつかんだんじゃないでしょうか。
「映画」として通用する映像の作り方がわかったというか。

「聲の形」であつかっている題材は非常に重いと思うのですが、それを山田監督のエッセンスでどう料理するかが楽しみです。
僕はふだん「国際的評価」というものを信用しないのですが(権威主義だと思う)、これについてはぜひ国際的に評価されてほしいですねぇ。
わりと真剣に、これからのアニメ業界の未来を左右するものになる気がします。
書いてる人

藍上 陸(らんじょうりく)

藍上 陸(らんじょうりく)
--------------------------
小説書いてます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。