スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月14日の夏コミ一日目に「ラノベ作家休憩所」で同人誌だします。

毎年夏コミに、作家さんたちと一緒に、「ラノベ作家休憩所」というサークルをだしてます。
今年でもう六回目になり、今年は「一日目・8月14日(金)・東ヘ02b」という配置になりました。

その告知ページを、編集・DTP担当の笠井翔さんに作っていただきました。

求刑小説。

表紙イラストをrefeiaさん、サークルカットを渡辺伊織さんに描いていただいています。豪華!
DTPをしていただいている笠井さんは言語社の社長さんで、村上春樹さんの小説のDTPも担当されています。完全にプロのワザマエなのだ!

参加する作家さんも、自分を除いて非常に豪華です。
それぞれの作家が、文庫本換算30Pぐらいの短篇を書いて、一冊の本にまとめています。
……のはずが、今年は自分だけ90Pぐらい書いてて、総ページ数が過去最大の250Pに。
印刷代が跳ねあがった。\(^o^)/
サークルのみんな、すまぬ……すまぬ……。

今年は大樹連司さんが参加できなくて一人少ないので、それで調子に乗ってしまいました。
自分の書いた「覇刃のギレイド」は、「小説家になろう」で実験的に変名で書いていたもので、今回それに大幅に加筆しました。
本当はまだつづくんですけど、ちゃんと話として一区切りついているので、楽しんでいただけるかと。
商業・同人問わず、小説を書くときはいつも本気ですが、今回はシリアス方面の文体の理想を追求しました。
広義の意味の「官能」をいかに表現するかがテーマです。

頒布価格は、これもいつものように1,000円です。
コミックZINさんでも委託販売しますが、ちょっと値段があがってしまいますので、会場にこられる方はぜひ会場でお求めください。
当日は自分も売子として参加する予定です。ほかに、サークル代表の森田季節さんと、レイヤーのたすきさんが売子をしてくださいます。
記念にサインがほしい方は、お気軽におっしゃってください。僕のサインなんか書いたら本が呪われそうだけど。

会場で同人誌が売り切れることはないと思いますので、イベント終了間近にいらっしゃってもだいじょうぶです。
午後二時ごろになれば混雑はだいぶ解消されますので。

去年の「救世小説。」も少部数持っていきますので、そちらもほしい方は早めにいらっしゃったほうが確実かと思います。

ではでは。
書いてる人

藍上 陸(らんじょうりく)

藍上 陸(らんじょうりく)
--------------------------
小説書いてます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。